日本とドイツの子育て事情

日本に住んでいる私の友人が半年前に結婚して、先月子供が生まれました!
遠く離れた日本とドイツですが、スカイプで出産のお祝いをしました。
ネットがあれば、世界中どこでも繋がるのは、今更ながらすごいことだと思います。

さて、友人が生んだのは男の子ですが、今度お宮参りをするそうです。
ドイツに暮らしていると、日本の風習にすっかり疎くなるのですが、お宮参りっていうのもありましたね〜。
ドイツにはそうした風習がないので、改めてびっくりした次第。

友人は、このサイトで調べて、お宮参りの衣装を用意するそうです。
行事ごとが多くて大変だ〜。

ドイツと日本の子育て事情は結構違っていて、ドイツでは妊娠と出産にかかる費用は、すべて健康保険でまかなわれます。
出産の特に病院に何日いるのかは本人の自由です。日本だと、産婦人科の先生がすべて決めますよね。でもドイツは産んだお母さんが自分で日数を決めるんです。

それから「ヘバメ」と呼ばれる助産師がいて、生まれる前の相談や出産準備のアドバイスをくれます。
出産後も自宅に訪問してくれて、母子の健康状態をチェックしてくれたり、沐浴の方法なんかも教えてくれます。

ドイツでは赤ちゃんが生まれてから生後10日まで毎日、その後も生後16週間まで10回助産師さんが自宅に来てくれます。
赤ちゃんの体重を計り、健康状態をチェック。
お乳のやり方や入浴の仕方をはじめ、赤ちゃんのお世話全般について教えてくれます。

あ、私はまだ結婚していないし、子供を産んでいないので、この話はドイツの合唱団仲間の話の受け売りです。
ドイツも、日本と同じように核家族化が進んでいるのかな?
でも、助産師さんがこうした支援をしてくれるのは、お母さんにとってはすごく安心できると思いますよ。

日本では少子化や晩婚化(私も人のことは言えないですが)が問題になっていますが、こうしたドイツのような制度を取り入れたら、少しは安心して出産できると思うんですが、どうなんでしょうか。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です